茂庭について

16世紀、戦国時代に、茂庭家(鬼庭家)初代の斎藤実良(鬼庭実良)は、奥州伊達郡茂庭村(福島県飯坂町茂庭)に下向してきた時に周辺の村を荒らしていた大蛇を退治し、領民に請われて領主となったと言い伝えられる。

又、次のような説もあるようです。
茂庭氏は、源平合戦に平家方の武将として白髪を染めて出陣したことで有名な斎藤別当実盛の後裔。山城国に住んでいた実盛の後裔実良は奥州へ移住し、伊達家初代の朝宗に仕え、伊達郡茂庭村を領して鬼庭と称する。以後、代々伊達氏に仕えて戦国時代に至る。
引用(茂庭氏と人取り橋の戦い

大蛇退治については様々な伝説が残っており、茂庭地区の神社にいわれが残されています。